MacBook Pro 13inch (mid 2014)のスピーカーが壊れてガリガリ言うようになったので、保証も切れているし自分で交換しようと思ってAmazonで部品を探してみました。自分のMacに対応した部品かどうかは、mid 2014あるいは型番のA1502で判断します。

と、結構扱ってる業者はあるけど、どれも2021年1月3日の注文で、2月初旬の到着とのこと。値段もバラバラで2000円くらいから5000円するような物まであります。まぁ恐らく安いところは中国から直接配送、高いところは日本国内に在庫を持っているのかなと予想しつつ、工具を持ってなかったので工具付きの安い中でなるべく早く着きそうな業者を選択してみます。ちなみに購入したのはこれ↓。

送料無料で工具がついててこの値段なら良いのではないかな?業者は「ZhiFu KeJi」で1月15日から26日までに到着予定とのこと。

意外なことに注文したら翌日には発送の連絡が来ました。なかなか誠実な業者なのかなとか思いつつも、発送してないのに発送したと連絡してくる業者もいるようなのでまだ安心はできませんね。当初は配送業者は「EUB」とだけ表示されていて、EUBって何なのって思ったら下記サイトに「China EMS ePacket (EUB)」の説明がありました。

ePacket also called EUB or e Youbao (e邮宝) is an affordable, convenient and fast shipping option offered by merchants in China and Hong Kong mainly for light parcels under the weight of 2kg (UK under 5kg). 

https://www.chinapostaltracking.com/ems/ebay-epacket-eub/

つまりはEMSの中国版かつ小型版って感じかな。EUBと読んでるのは、eYoubaoを略称っぽくしたのかもしれませんね。まぁいずれにしても中国から送る方法としてはちゃんとした送り方をしてくれている感じ。でもまだ配送状況のトラッキングはできないので安心はしていないのです。

と思ったらその翌々日に配送状況に変化がありました。

配送業者がEUBからChinaPostに変わっていて、トラッキングIDが追記されてます。これなら追跡できそうと思ってafterShipというサイトで検索してみると、

おお。きちんと深センから発送されてトラッキングできてる。ちなみにここまで来ると日本郵便の郵便追跡サービスでも検索できますね。

https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/input

これでとりあえず深センの国際交換局から発送されているところまでは確認できました。ここまでは順調。

さてその後、2021年1月6日 16:00に今度はShip24というサイトで状況を確認してみます。Ship24の方が情報量が多いのと、反映されるのも早いみたいですね。

さらに進んで、「Regional Sorting Center」をDepartureしたらしい。でも下記のような例もあるのでまだまだ安心はできません。

2021年1月7日になりました。注文から4日目です。どこまで来たでしょうか?

「Handed over to Forwarding Agent for Transit」というわけで、仕分けセンターから輸送業者に引き渡されたみたいですね。ここからが時間かかりそうな予感。貨物便もそんなに飛んでないだろうしなぁ。

2021年1月9日午前、「Flight Arrival」ということで何かしらの便が深センに到着したようです。

2021年1月9日 20時、Percelsというサイトで検索すると到着予想日が表示されました。1/15-1/17あたりに郵便局に着くんじゃね?というお言葉。その下を見ると、過去60日間に配送された250個の荷物に基づいた予想ということなんで割と確度は高いのではないかな?

https://parcelsapp.com/en

2021年1月10日 15時、Ship24で見てみたらなんと日本に着いた?らしい。

ついでに17Trackというサイトで確認すると、川崎を目指しているのかな?

https://www.17track.net/ja

というか日時が一緒なので、「Arrival at Destination」=「川崎, 到达寄达地」という理解で良いのか?謎は深まるのです。下記のサイトによると川崎というのは、通関手続きが行われる川崎東郵便局のことのようですが、必ずしも到着しているとは限らない?ようです。んー、まだ安心はできないのか?

https://dirtmishouri.blogspot.com/2020/07/blog-post_23.html

2021年1月11日 20時、Ship24によると川崎東郵便局に着いたようです。日本郵政の追跡でも出てきましたので確かな情報でしょう。よしよし。

2021年1月12日 13時、Ship24でみると「Held by import Customs」つまり通関手続きのため待ち状態にあることが分かります。同じ時間なのに、ChinaPost側の「Item Presented to Customs」とJapanPost側の「Held by import Customs」と表示内容が異なっていて、立場の違いが現れているのが面白いですね。

2021年1月12日 23時、おー「Processing at delivery Post Office」遂にうちの最寄りの郵便局まで来ましたよ。

配達予定日は1月13日です。Percelsの予想より2日も早いですね。順調だったということなのでしょう。待ち遠しいな。ちなみにこの時点でAmazonの追跡情報には下記の情報しか載せられていません。というか情報薄過ぎ。というか1月6日の「お近くの配送店へ到着しました」って深センの仕分けセンターに着いたって意味なんですけど、この表現じゃ日本に着いてるって誤解しますよね。改善の余地ありと思います。

2021年1月13日 16時、遂に到着しました!中国郵政のePacketでした。追跡番号は海外番号と国内番号というのが付いてるんですね。国内行程の追跡は国内番号でもできました。ピンクの付箋みたいのが付いていたけど、これは何だろう?

まとめを兼ねて全行程をShip24で掲載しておきましょう。1月3日注文、1月5日発送で今日到着なので約10日かかりました。全体的に順調なんだけど、深センで航空会社?に引き渡されてからフライトまでに2日ちょいかかってるところが、通常通りなのかコロナゆえなのか?ってくらいでしょうか。

無事に届いたのはいいのですが、情報が錯綜しているのか、Amazonではいまだに配達中にすらなっていません。どうしたAmazon。がんばれAmazon。

2021年1月15日、ようやくAmazonでも配達完了となりました。到着したのは1月13日なんですが、1月14日にお届け済みなんだそうです。この情報はどこから取得しているんでしょうね。JapanPostの情報を掲載するだけでもずいぶん安心感が違うと思います。より正確な情報を表示して欲しいものですね。


ちなみに中国からの配送状況に関しては下記のサイトがより詳しいので参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です