有線イヤホンのオーディオテクニカ「ATH-CKS550X」がなかなか良い。

https://www.audio-technica.co.jp/product/ATH-CKS550X

ナガオカのP908はやはり高音がキンキンし過ぎて聞き疲れするので、重低音重視のこちらを購入してみました。こちらのイヤホンも、再生周波数帯域5〜40000Hzとハイレゾ対応となっているので、低音だけでなく高音もしっかり出そうですね。エージングも兼ねてちょっと使ってみました。

まず装着感は割りといいです。耳の形に沿って嵌めるような形状なので、イヤーピースのサイズが合っていれば音漏れもなく、外れる心配もあまりなさそうです。ただコードが滑らない材質でできているため、服と擦れるとガサガサっと音がします。これが気になる人は結構いるんじゃないでしょうか。

音質は、キレのある重低音というのがキャッチフレーズみたいですが、確かに低音域がしっかりしている印象です。Zoom会議で会話をするような使い方であれば、特に問題なく使えます。変にノイズが乗ったりすることもないですし、売り文句通り低音重視の音作りではありますが、聞いていて違和感があるほど低音が強調されるわけではありません。会話している時の声域の周波数帯がしっかりと出ているような印象で、落ち着いて聞くことができます。8時間くらい連続で使いましたが、それほど疲れることなく使えました。

ただ音楽を聞くとなるとまた別の話かと思います。かなり大きい音で聞いても割れたりビビったりすることはないので、そこは流石にちゃんと作ってある感じがしますが、ライブのリアル感やそれぞれの楽器の鳴りを再現できている感じはしません。音量、音圧がしっかり出ていれば、細かい音質は気にしないという方にはいいと思います。このお値段でこれだけ聞けるならいいんじゃないでしょうか。