タグ

あのブラックボウモアを1stから5thまで一気に手に入れるチャンスです(驚)。4月18日に香港のサザビーズでオークションにかけられます。

https://www.sothebys.com/en/articles/rise-of-whisky-a-spirited-talk-on-the-legendary-black-bowmore-collection

https://www.beamsuntory.com/en/news/Black-Bowmore-Archive-Cabinet

何やらアート作品のようなキャビネットに1stから5thまでのBlack Bowmoreが収められた「the Bowmore Archive Cabinet」。4月18日のサザビーズ香港のオークション(Sotheby’s Rare Whisky & Moutai Live sale in Hong Kong)に登場します。落札予想価格は、400万香港ドル!(日本円で約5600万円)。でもなんか安い気がするのは、イチローズモルトとか山崎とかの落札価格に衝撃を受け過ぎたせいでしょうか。2020年には限定100本の山崎55年8500万円くらいで落札されましたからね。330万円が発売直後にこの値段になってしまうのはどうなのよとは思いますが。これはジャパニーズウイスキー人気ゆえの投機的な高騰としても、今や簡単には手に入らないアイラの伝説的ウイスキーをまとめて手に入れられると考えると、決して高くはないような気もします。

このオークションには、ボウモア蒸留所やビームサントリーが深く関わっていて、落札者はボウモア蒸留所に招待され、蒸留所で最も希少で最も古いシングルモルトを試飲することができるのだそうです。ボウモアの熟成庫には、とんでもない代物が眠ってそうですね。最も古いってどれくらいなんだろう?試飲だけなら、量が少なくてリリースできない樽がそれなりにあるだろうから、かなり古いものも残っていそうですよね。1950年蒸留とすれば70年ものとか?いやもっと古いのもありそうだな。どんな味がするんでしょうね。

このオークションの売り上げは、The Bowmore Legacy Projectのために使われるそうです。アイラの蒸留産業の将来を見据えてこういうプロジェクトを進める姿勢は、アイラの女王としての面目躍如という感じがしますね。

さて上記のサザビーズのサイトでは、アーロン・チャンがいいことを言っています。

“Every serious collector has their holy grail, it is a special experience to drink very good whiskies, and as a collector we have a responsibility to open these rare bottles so people can try them,” – Aaron Chan, owner of Club Qing

www.sothebys.com

そうですよね。ウイスキーは投資のためではなく、飲むためにあるのです。買ったら飲む。全てのコレクターがそうあって欲しいものです。

ちなみにこのオークションで提供されるブラックボウモアのスペックはこんな感じです。

The Archive Cabinet contains a complete distillery owned collection of Black Bowmore from first release to last (1993-2016):

First edition:
– Release Date: 1993
– Age: 29 Years
– Number of bottles: 2000
– Bottle No.819

Second Edition
– Release Date: 1994
– Age: 30 Years
– Number of bottles: 2000
– Bottle: No.18

Third Edition
– Release Date: 1995
– Age: 31 Years
– Number of bottles: 1812
– Bottle No.7

Fourth Edition
– Release Date: 2007
– Age: 42 Years
– Number of bottles: 827
– Bottle No.2

Fifth Edition
– Release date: 2016
– Age: 50 Years
– Number of bottles: 159
– Bottle No.72

さていくらで落札されるのやら。楽しみです。そしてブラックボウモアといえばこの5種類に加えて、昨年リリースされたアストンマーティンとのコラボエディションもありますね。
https://www.bowmore.com/aston_martin
https://genroq.jp/2020/08/08/86943/

このBlack Bowmore DB5 1964は、限定25本で価格は5万ポンド(約700万円)です。ピストンを模したボトルがなかなかいいですね。中身は3rdリリースをリパッケージしたものだそうです。なのにアルコール度数が変わってるのはなぜか?などの詳しいことがWhisky Magazineに書いてあります。
https://whiskymag.com/story/an-iconic-moment

バーで飲んだら一杯いくらになるんだろう。でもどうにかして飲んでみたいですね。