【新発売】オフィシャルのポートエレン40年が2021年6月23日から発売されます。

2021-06-24

ポートエレン 40年 ウイスキー 新発売

商品名    :ポートエレン 40年
容量     :700ml
価格     :800,000円(税別)
アルコール度数:50.9度(カスクストレングス)
数量     :世界1,380本限定

今年2021年中には再稼働しそうなポートエレン蒸留所の40年がMHDからリリースされます。ただこれまでのリリースとはちょっと毛色が違うようで「9 ROGUE CASKS( 9つの異端の樽)」というテーマのもと、典型的なポートエレンの原酒の特徴とは異なる、際立った珍しいフレーバー特性を持っている原酒をバッティングしたそうです。使用されたのは4つのアメリカンオークのホッグスヘッド樽と5つのヨーロピアンオークのバット樽で熟成された原酒です。土屋守氏が昨年5月に既にテイスティングをされています。この金額を出すだけの価値があるということのようですね。1983年に閉鎖されてから40年近く経っていますから、もう残っている原酒も少なくなっているんじゃないかと思いますが、それでもこういう面白いリリースが出てくるところはすごいですね。

ちなみにポートエレンの40年は、2020年2月にダグラス・レインのXOP(Xtra Old Particular Black Series)からも発売されていますね。リフィル・バット熟成でアルコール度数は49.6%、299本限定ということで、オフィシャルとは異なる味わいだと思いますが、3500ポンド(約50万円)というお値段のせいかまだ購入可能のようなので、懐に余裕のある方はオフィシャルと比較しつつ飲んでみるのもよいのではないでしょうか。